>コスト削減コンサルティング

特徴

トータル・コンサルティング

LED化、PCB処理から始まり、オフィスの賃料、固定資産税、通信費、印刷費等の料金を必要以上に支払っていないか、現在の相場や利用状況等から契約内容を見直すことで、コスト削減をトータルでサポートします。

信頼実績

各分野において活躍している経験・実績の豊富な専門家が、お客様のコスト削減・適正化や、品質管理・業務効率化をご支援いたします。
※上場企業・金融機関・学校法人・医療法人等の導入実績が多数あります。

無料診断

サービス開始前に、どれくらいコストが下がるか、導入~業務完了までどれくらい時間がかかるかなど、ご相談、導入効果/費用の診断を全て「無料」で承ります。

完全成功報酬

まずは無料にてコスト削減効果を診断することからスタート。
正式導入後にコスト削減ができなかった場合は、費用は一切発生いたしません。
※一部イニシャルコストがかかるサービスもございます。

コスト削減までの流れ

  • お申し込み まずはお電話かお問合せ画面にてお問合せください。
    サービスについてご説明させていただきます。
  • 無料診断 無料診断のお申し込み後、診断実施のために必要な資料についてご連絡させていただきます。
    当社に資料が届き次第、診断を開始いたします。診断開始から、完了までは約2週間程度です。
  • サービス開始 診断結果報告後に、提案内容にご同意いただければコンサルティング契約を締結し、サービスを開始いたします。着手後は成果に関する進捗を随時報告させていただきます。
  • 業務終了 コスト削減金額に応じて、あらかじめ取り決めていた成功報酬をご請求させていただきます。
    もし、コスト削減できなかった場合、費用は発生いたしません。業務終了までは約2ヶ月~6ヶ月程度です。

※一部イニシャルコストがかかるサービスもございます。
※対応エリアについてはお問合せください。

>コスト削減サービスのご案内

「賢いLED化」のススメ~人気コスト削減サービス①

なぜ、今、LED化?急がなければならない理由

ご存知でしょうか?
政府方針として、2020年をめどに白熱灯、蛍光灯の国内製造、輸入が出来なくなる見通し。
また、水銀灯については、水俣条約により同じく2020年で製造・輸出入の禁止が確定しています。

2020年まであと数年!LED化はもはや避けられません。事前の準備をすることが大切です。

こんなお悩みをお持ちのオーナー様へ
そのお悩みにピッタリな「賢いLED化」のプランをご提案いたします。

なぜ、「一括導入」がオススメ?

「一括導入」とは、施設、工場、店舗など、施設単位で、全ての照明をLEDに交換することです。

  • ○一気に、設備更新が出来る
  • ○一気に、電気使用料と基本料金が下がる
  • ○施行費・製品代金の大幅な削減が可能

「一括導入」を勧める理由
予算に応じて、部分的にLED化を進めたり、電球が切れたところから順次交換の方法を採られると、享受できる電気代削減メリットも段階的となります。
更に、スケールメリットが活かせず余計なコストも発生してしまうこととなってしまいます。

「賢いLED化」で、企業様の悩み一挙、解決します!

総合的なLEDのコンサルタント

設置の可否調査から、製品の選定、設置までの日程などの導入プラン、施行、メンテナンスまで、全て責任を持って行います。

メンテナンスが充実!

契約期間中は、無料の保守・メンテナンスが付与されており、さらに一定の予備品もお預けします。
万が一の製品不良発生に備えた照明器具の在庫管理や予備計上が不要です。

予算がなくても安心「選べる契約タイプ」

企業様ごとのご希望に応じた契約タイプをお選びいただけます。
初期投資費用なしでの「LEDの一括導入」も可能です。

製品の譲渡

レンタル契約の場合、契約期間中の譲渡が可能です。

「賢いLED化」に決めた理由は?

  • 医療法人 A病院

    あかりのコンサルティング
    大変種類も多く、場所ごとに明るさ、色味の調整が必要だったのですが、各所で照度・色の設計をしていただきました。
    更に診療室には照明保証までつけてくれて大変助かりました。

  • 学校法人 O大学

    予算面で導入決めました
    予算の関係上、今までは部分的にLED化を進めてきたけれど、レンタル契約で、一気にLEDを導入することができました。

  • 食品メーカー工場

    高所対応
    高所に設置したLEDが切れてしまっても、契約期間中は追加費用無しで無償交換対応してもらえることが、一番大きな決定理由でした。

サービスのご案内対象となる企業様の例

・蛍光灯、水銀灯などの照明機材を、合わせて300本以上保有。

PCB処理費用の削減~人気コスト削減サービス②

高濃度PCBの高額な処理費用、お困りではありませんか?

平成26年(2014年)9月16日発行の環境省通知文(※)に準拠した内容で対応することが可能です!!!!
※環廃産発第14091618環境省産業廃棄物課長「PCBが使用された廃安定器の分解又は解体について」

PCB(ポリ塩化ビフェニル)とは

PCBとは絶縁性・不燃性・化学的安定性などの性質を持った工業的に合成された油状の化合物で、トランスやコンデンサ、蛍光灯安定器など幅広い製品で使用されてきましたが、昭和43年のカネミ油症事件によりその毒性が社会問題化し昭和49年以降製造・輸入・使用が禁止されました。

  • トランス
  • コンデンサ
  • 蛍光灯安定器
    高濃度PCB
  • 水銀灯安定器
    高濃度PCB

処分期間とその費用(高濃度安定器)

PCB高濃度廃棄物の中でも、蛍光灯・水銀灯のPCB安定器は圧倒的に数が多く、莫大な処理費用を必要とします。

更に、平成28年(2016年)8月から施工された「PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」(PCB特措法)の改正により、高濃度PCB安定器(使用中も含む)は、地域ごとに定められた期間内での処分が義務付けられました。

地域別 処分期間

・北九州/大阪/豊田エリア: 平成33年(2021年)3月31日
・東京/北海道エリア: 平成35年(2023年)3月31日

処理費用

現在の処理費用は、1kgあたり 28,000円(税抜)と、保管事業者に多大な費用負担が発生しております。
(中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)による処理が義務付けられております。)

安定器に関する環境省の見解が変わりました

従来の環境省見解(平成22年(2010年)9月3日事務連絡発行)

1. 分解によるコンデンサ以外のPCB汚染を危惧
2. 従って、分解・解体は望ましくない

多くの保管事業者で経済合理性と分解解体可否の判断に悩んでおりました。

新たな環境省見解(平成26年(2014年)9月16日通知書発行、翌年12月法令化)

安定器からのコンデンサ取出しは、構造により「禁止」(コンデンサ充鎮剤固定型安定器)
もしくは「条件付きで可」(コンデンサ外付け型安定器)

条件付きで、安定器から“PCBが含まれるコンデンサ部分”のみの取出しが可能となりました。

PCB安定器処理にあたり、
最適なソリューションの提供により、
現在の処理費用が
最大40%削減
可能です!

※PCB廃棄物の種類や構造、保管状況、保管数量によって、削減率は異なります。

環境省の見解に準拠した最適なソリューションのご提案

分解、解体作業時の措置

1. 分解前に、安定器の外観検査と非破壊検査でコンデンサを検査
2. コンデンサは、安定器の構造を事前に把握し、簡単な工具を取り外す
3. 分解ロット構成は、スクリーニング測定結果の汚染度分布で実施

生活環境保全上の支障防止措置

1. 作業は密閉、負圧、漏洩対策が施された移動式特殊作業室で実施

  • ・室内大気は、活性炭式除外装置を介し放出
  • ・作業環境と大気放出の大気は毎日2回の分析測定

2. 作業場所は、局所排気
3. 作業者は、保護具着用

  • 可搬型密閉作業室
  • 活性炭除曹設備
  • エアーシャワー
  • 作業ブース
  • 作業環境

サービスのご案内対象となる企業様の例

・安定器:PCB安定器300本以上保有
・感圧複写紙:感圧複写紙300kg以上保有

>その他 コスト削減コンサルティングサービス一覧

  • 賃料適正化(削減)支援

    賃料専門の不動産鑑定業者が「賃料調査報告書」を用いて賃料適正化を支援します。
    取引実績300社越え(成功率90%)

  • 間接費削減(リバースオークション)

    競争見積代行を使った総合経費(物品経費や業務委託費等)削減提案します。既存の業者を変更せず、サービスを維持しつつ単価を適正化することも可能です。
    国内12,000社のサプライヤー登録。

  • 固定資産税の適正化

    固定資産評価の適正化(建物評価額の誤りを是正)による課税の還付と軽減をサポートします。

  • 償却資産税の適正化

    「固定資産税」と「償却資産税」が二重課税になっている場合、自治体に対し、二重課税分を返還請求します。

  • 電気代削減※空調機器の消費電力抑制

    ASHRAE(米国暖房冷凍空調学会)認定のノンフロン新自然冷媒導入により、エアコン消費電力を削減します。また、導入機器はフロン排出抑制法の対象外となり、点検コストも抑制できます。

  • 水道代の削減特許技術による節水コンサルティング

    特許技術により、水中にミクロの空気を取り入れるため、今までの使用感を損ねることなく水道料金を大幅ダウンします。

  • 現状回復コスト軽減廃棄物の有価買取

    「本当にそれって廃棄物!?」
    原状回復、リニューアル、解体時の廃棄物から有価物を発掘することで資源と資産を最大再生します。

その他料金の削減

  • 通信コスト削減

    固定/携帯通話等、通信料の最適化

  • システムコスト削減

    日本政府が使う「システム評価専門会社」

  • 用紙コスト削減

    専門知識をフル活用した総合コンサルティング

  • 文書保管料金の削減

    機密文書等の倉庫保管.初期移管費用ゼロ

  • 広告宣伝費の削減

    メディア監査によるTVCM広告費の適正化

  • 車両運行代行費用の削減

    役員車両運行等に関わる経費とリスクの軽減

  • ITコスト最適化(ROI最大化)

    世界No.1のインターネットマーケティング会社

  • 社会保険料の適正化

    社会保険料を最適化し、支払保険料を節減します。

※一部イニシャルコストがかかるサービスもございます。

お問合せはこちら